2011年04月30日

ケ・セラセラ(どうにかなるよ)

仙台では桜は終わり、新緑の季節です。

これからは緑が美しい季節になりますね。

私は山が好きで若い頃から、残雪の里山に登ってきました。

さくっ。さくっ。

一歩一歩足元を踏みしめながら歩くと、ふきのとうや春の草花が「ようこそ」と迎えてくれます。

見上げると青い空。

皆さんは木々の芽吹きを見たことがありますか。

ブナの木は勢いがあり感動します。

小川のせせらぎを聞きながら、春の息吹をたくさんいただいて家路につきます。

瞼をとじると風景が浮かんできます。

今年は住み慣れた市街地を歩いてみようと思います。

皆さんは、どんな春を見つけましたか。

人は季節をたとえにして、人生の中でも春を待ち望むものです。

私は20代の頃、物事がうまく運ばなくて嘆いていました。

どうして、私ばかり辛い思いをしなければならないの?。と、マイナスの気持ちをいだいていました。

そんなとき、山の先輩から言われた言葉がありました。

「山は逃げないんだよ。」

たった一言でしたが、とても重みがありました。

私は、それから自分の夢や信念を山にたとえれば、自分を信じて、焦らないでいこうと決めました。

人生思うようにならないことのほうが多いです。

「そんなにあせることないわ」と、思えるようになりました。

そうしたら とても楽な気持ちになれました。

年がら年中ではいけませんが、時には「どうにかなるさ」も必要ですね。

今日は石巻のカルチャーさんから珈琲道の講座を開講しますとの電話がありました。

店長さんから「珈琲道をこれからも石巻で広げてください」と有難い言葉をいただきました。

みなさんは復旧に全力をあげていらっしゃいます。

私も心を合わせていきます。

        珈琲道・宗仙家 宮城県支部長 三浦 由美子











posted by 由美子 at 02:19| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。