2011年03月24日

地震を乗り越えて

3月11日の東日本大震災から2週間が経とうとしています。

甚大な被害を受けた太平洋沿岸部の皆様には心からお悔やみを申しあげます。

私が住む地区も津波の被害にあいました。
我が家は難をのがれて無事でしたが、知人や親せきの家は流されて行方不明者もおります。

とても心配な毎日です。

宮城県石巻市にも津波の被害にあった生徒さんがおります。

家元は、いろいろなサイトから情報を得て、安否を確認してくださいました。

数日前に私も、やっと生徒さんと携帯が通じてお元気な様子に安心しました。

家元は何度もメールで励ましてくださいました。

有難い言葉に涙がでました。

仙台の生徒さんも大変な被害にあわれたのに、自分のことよりも私の心配をしてくれました。

周りの方々の優しさをたくさん感じました。

皆さんの無事を確認できた上に、珈琲道・宗仙家でつながった絆はとても力強く、ゆるがないものだと思いました。

皆さん、ありがとう。

これからも一緒に頑張りましょう。

私にできることをさせていただきたい想いでおります。


                 珈琲道・宗仙家 宮城県支部長 三浦由美子

posted by 由美子 at 18:38| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。